菖蒲お茶のみサイト

A A A

保倉川電気株式会社

保倉川電気(株)タービン保倉川電気株式会社

(1)発電所ができるまで・・
菖蒲西橋付近から取水を行い、そこから350メートルほどの水路を作り、菖蒲地内の字長野に貯水池を作った。水圧鉄管の口径は50センチメートルで発電タービンまでの落差は33メートル、認可出力80キロワットの発電所が大正9年7月に完成した。発電所の建設費は75000円を要し、電気事業の経営認可は大正9年8月5日に取得した。
保倉川電気株式会社が、本社を菖蒲に置き営業を開始したのは、大正10年2月からである。発電量は経営認可申請当時、認可出力80キロワットとなっていたが、実際の電力量は水量不足のため、最大50キロワットしか発電できなかったようです。

当初営業所範囲は大島村周辺であったが、大正11年の下半期における株主総会の報告書によると下記表のとおりである。営業範囲はわずか2年足らずで6ヶ村にもわたり、電灯の需要戸数は3117戸、電灯の取付灯数は4542灯にも及んでいる。

保倉川電気(株)取水溝保倉川電気(株)職員保倉川電気(株)貯水槽工事

お気軽にお問合せください。 TEL 025-594-7888 〒942-1216 新潟県上越市大島区菖蒲895-1

PAGETOP
Copyright © とことん しょうぶ! All Rights Reserved.